日立でお困りの個人・法人の方はお気軽に弁護士にお問合せください。

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

メールでの問合せはこちら

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16  日立平和通り沿い  JR日立駅そば

過払金・債務整理に関するぺージ

男性のための債務整理相談

 

女性のための債務整理相談

     

自己破産


 
 

個人再生

住宅ローン滞納

   

任意売却

任意整理

 

過払い金

   

完済済みの過払い金

   

亡くなった親の過払金

   

返還請求しているクレジット会社・消費者金融会社

   

リボ払いについて


法人破産

法人破産とは

会社を経営されており、事業の失敗などで資金繰りが厳しくないり法人破産と個人破産をあわせてされるという方も増えております。

 

法人の「破産」とは、様々な理由から、これ以上会社を継続的に経営していくことが難しいという倒産状態にある企業を法律に従って処理する手続きのことです。破産手続は裁判所に申し立て、裁判所から破産管財人が選任され、会社の財産を債権者に公平に配当する手続きです。
 

法人破産のメリット・デメリット

メリット

・債務が免除され、返済や取立てにあわない
⇒弁護士に依頼をした時から、即日債権者に対して支払停止の通知を発送します。その後のやりとりや交渉は全て弁護士が対応しますので、直接依頼者に対する取立てはなくなります。
 
・負債が消滅するため、資金繰りに悩む必要がなくなります
⇒破産手続きが完了したら、会社は清算され、法人格そのものが消滅します。そのため負債が
なくなりますので、資金繰りで悩む必要がなく、再スタートの準備に時間をかけることができます。
 

デメリット

・会社を再建することはできません
⇒中小企業は、経営者が会社の債務保証をしているケースが多く、その場合は会社の破産手続きと同時に、経営者の個人破産をすることになります。経営者自身が破産をすると、金融機関からの借入が不可能になりますので会社を築くことは難しくなります。
 
社会的信用の損失もありますので、どうしても、会社を再建させたい場合は民事再生という手法を選びましょう。
 
・従業員の解雇
⇒破産の場合、会社そのものが消滅しますので、勤めている従業員を全員解雇する必要があります。伴い、会社がこれまで培ってきたノウハウも失います。従業員の今後を考えた解雇の手続きを取ることで、次の就職時に保険や年金等で困らせないようにしましょう。

 

なお、未払賃金がある場合には国で立替払制度というものがありますので、一定程度であれば従業員の生活に大きな支障をきたすことを防ぐことができます。
 

法人破産の流れ

※上記①~⑥のうち一部省略される場合があります。

弁護士から業者(債権者)に受任通知書を発送
・弁護士が債権者に受任通知を送ることで、これまでの取立ては依頼者に来ることはなく、直接弁護士が交渉することになります。

破産申し立て
・債務者と債権者が破産の申立て手続をすることにより、破産手続は開始します。申立ては会社の所在地を管轄する地方裁判所となります。
 

破産手続き開始の決定・破産管財人の選任
・裁判所により破産手続きの開始が決定されると、株式会社は解散し、同時に破産管財人が選任されます。破産管財人も弁護士ですが、申立側弁護士とは違い、中立の立場から破産事務を取り扱います。

破産債権の届出・調査・確定、破産財産の管理
・債権者は、破産管財人により定められた期間のうちに、破産債権の届出をする必要があります。届出られた破産債権は、破産管財人の債権調査を経た後確定されます。
 
・破産債権の確定手続と平行し、破産財団(破産会社の財産:管財人が管理する)の調査・管理を行う必要があります。破産管財人は破産者の財産を正確に把握しなくてはなりません。また、役員等に対する責任追及が行われ、場合によっては損害賠償請求などが行われることもあります。
 
・そうすると役員から破産財団もお金が入り、会社の財産(財団)が増えるからです。最終的には財産を可能な限り現金化し、配当の準備を進めます。

簡易配当・中間配当・最終配当
・破産管財人の裁量により、換価が進んだ破産財団を随時債権者に配当していくことが可能です。(債権者として、配当が1年もないよりは、少しでも早く配当を受けたい場合も多いからです。)
 
・破産財団の換価がすべて終了した後、届出をした破産債権者に対して配当が行われます。最後配当は厳格な手続の下で行われますが、配当金額が少ない場合の簡易配当や、届出破産債権者全員の同意が得られた場合の同意配当のように、状況に応じた簡易迅速な配当方法を取ることもあります。

破産手続き廃止・終結の決定
・最後配当が終了した後、債権者の異議申し立て期間が終了したときには破産手続終結が決定されます。この決定により、会社は消滅することになります
 

法人破産相談者の声

 

『会社の資金繰りが厳しく、従業員や取引先にも合わせる顔がなく、もう死を考えることすらありました。債権者数も25社以上、負債も1億以上に膨れ上がっていました。』

 

『先生のところに相談したところ、会社だけでなく取引先関係者への影響や自分たち家族の今後の経済的な面も考慮してくれ、自分自身や家族の精神的支えになりました。本当にありがとうございました。』
 
 
当事務所は税理士事務所を併設しており、法人税申告書を分析することにより法人破産をするべきかどうか(破産しない場合の再建方法)、する場合のタイミングや方法について詳細なアドバイスをすることが可能です。法人の資金繰りでお困りの方は是非ご相談ください。
 

その他の関連するページ

当事務所の特徴

 

弁護士紹介

ご相談の流れ

 

スタッフ紹介

弁護士費用

 

お客様の声


当事務所の対応エリア

マップ.PNG

当事務所は日立市弁天町に所在しております。

→JR日立駅からは平和通りを直進し、徒歩8分ほどで左手に建物が見えてきます。(クリックすると拡大します。)

 
mp.jpg

当事務所は茨城県県北地域を中心に広く(高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)からご依頼を受けております。

→高い専門性・厚い信頼をいただき、初めてのお客様もご紹介のお客様も、広く全県からお声をかけていただいております。


法律相談予約受付中 法律相談のお問合せはこちらまで TEL:0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

〒317-0072
茨城県日立市弁天町 1丁目3-16
TEL:0294-33-6622
FAX:0294-33-6685
受付:平日 9:00~20:00(土日祝休み)

※休日相談・夜間相談対応可

Copyright (C) 片岡法律事務所法律事務所 All Rights Reserved.