日立でお困りの個人・法人の方はお気軽に弁護士にお問合せください。

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

メールでの問合せはこちら

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16  日立平和通り沿い  JR日立駅そば

不貞の慰謝料請求が認められるための要件

 

1.不倫相手が、夫(又は妻)が既婚者であることを知っていたこと又は容易に知りえたこと

(夫(又は妻)に対して慰謝料請求する際には問題とならない)

明確に結婚していると聞いていなくても、子供の話や夫(又は妻)の愚痴を聞いていたりなどしていた場合には、少なくとも、不倫相手は夫(又は妻)が既婚者であることを容易に知りえたといえます。

 

2.不貞行為があったこと

 基本的には、肉体関係があったことを言います。ただ、肉体関係は必須ではなく、その一歩手前でも、夫婦間の平穏・円満な共同生活を送る権利を侵害したとして、不貞行為が認められる可能性はあります。

 

3.不倫された時期に、夫婦関係がすでに破綻していたわけではないこと

(判例上、夫婦関係が破綻していた場合には、法的保護に値する利益があるとは言えないとされています。)
  夫婦関係が破綻していると言うためには、「客観的に婚姻生活が破綻しており、修復の見込みも無くなった場合」である必要があります。たとえば、別居状態がすでに長く続いていたなど。単に喧嘩が多くなっていたなどの事実だけでは、夫婦関係が破綻していたとは言えません

 

4.不倫により精神的な苦痛を被ったこと

  あなたがどれほど傷ついたかを主張することになります。不倫により精神的な疾患が生じ、病院に通うなどの事態にまで発展していれば、より高額な慰謝料を請求できることとなります。

 

5.不貞行為を知ったときから3年が経過していないこと

  民法724条により、不貞行為を知ったときから3年が経過してしまうと消滅時効となり、慰謝料請求できなくなります。また、あまりないケースとは思いますが、不貞行為から20年を経過したときには、たとえその不貞行為を知ったときから3年以内だとしても、同じく民法724条により慰謝料請求は不可能となります。

 

6.慰謝料請求権の放棄をしていないこと

慰謝料請求はしない旨の発言をしていないこと。ただ、積極的に放棄していないことを立証しなければならないわけではないので、慰謝料請求はしない旨の発言を証拠(書面や録音テープ、発言を聞いた第三者の存在など)として残してしまっていなければ、問題ありません。

 

7.(特に上記1、2の)証拠がそろっていること

訴訟になれば当然立証するために証拠が必要ですし、訴訟に至る前段階の交渉の際にも、証拠がなければ開き直られてしまうので、証拠は必須です。
 
 
 

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

離婚が認められるか 親権 養育費 面会交流
財産分与 慰謝料 年金分割 婚姻費用
     

離婚の種類

 

慰謝料請求

 

 
 
     

お金に関して

 

子どもに関して

 財産分与について
 養育費について
 婚姻費用について
 離婚と年金の問題

 
 

 親権者について  
 面会交流について




 
     

離婚後の生活

 

年代に特有の離婚

 離婚後の医療保険

 公的扶助

 戸籍と氏

 

 中高年の離婚

 死後の離婚


 
     

こんな夫に思い当たったら・・・!

 

 

 エネ夫とは

 マザコン夫とは

 

 


他の慰謝料の種類についてはこちら

               

慰謝料とは

夫(旦那)が浮気しているかも

妻(嫁)が浮気しているかも

不貞の慰謝料請求

不倫相手への慰謝料請求

内縁破棄 の慰謝料請求

婚約 破棄の慰謝料請求




その他の関連するページ

当事務所の特徴

 

弁護士紹介

ご相談の流れ

 

スタッフ紹介

弁護士費用

 

お客様の声


当事務所の対応エリア

マップ.PNG

当事務所は日立市弁天町に所在しております。

→JR日立駅からは平和通りを直進し、徒歩8分ほどで左手に建物が見えてきます。(クリックすると拡大します。)

 
mp.jpg

当事務所は茨城県県北地域を中心に広く(高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)からご依頼を受けております。

→高い専門性・厚い信頼をいただき、初めてのお客様もご紹介のお客様も、広く全県からお声をかけていただいております。


法律相談予約受付中 法律相談のお問合せはこちらまで TEL:0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

法律相談予約受付中 受付 :平日/第2・4日曜 9:00~18:00 TEL:0294-33-6622

当事務所で相談を受けるには

分野別バナー 交通事故.jpg

分野別バナー 離婚.jpg

相続バナー.png

推薦者の声

第2・4日曜日の休日相談窓口

公式運営サイト

事務所概要

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16

日立平和通り沿い

相談時間バナー.jpg

メールでの問合せはこちら

対応エリア

茨城県県北・県央(主に日立市・高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)を業務範囲としています。

facebool kataoka-low.PNG

houTerasu2.jpg

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

〒317-0072
茨城県日立市弁天町 1丁目3-16
TEL:0294-33-6622
FAX:0294-33-6685
受付:平日 9:00~20:00(土日祝休み)

※休日相談・夜間相談対応可

Copyright (C) 片岡法律事務所法律事務所 All Rights Reserved.