日立でお困りの個人・法人の方はお気軽に弁護士にお問合せください。

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

メールでの問合せはこちら

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16  日立平和通り沿い  JR日立駅そば

婚約破棄の慰謝料請求

 

婚約とは

婚約とはつまり婚姻の予約のことです。
法的義務がなく書面でのやり取りがなくとも両親への結婚の挨拶、口約束だけでも婚約とみなされます。
 

婚約関係で認められる権利・義務

婚約をした以上、結婚に向けて誠実に努力する義務があります。正当な理由もなく婚約を破棄されると、債務不履行として、婚約を破棄された人は相手方に対し、婚約不履行による損害賠償請求が可能となります。
 

婚約破棄の慰謝料の相場

慰謝料は婚約期間、肉体関係の有無、相手側の社会的地位、資産、破棄の理由を総合的に判断し金額は決まります。裁判で争うと、30~500万円(大きな差がある)、しかし概ね30~200万あたりが多いです。
 

婚約破棄の慰謝料の請求方法

まず前提として正当な理由もなく婚約を破棄された場合は慰謝料を請求することが出来ます。正当な理由として挙げられるのは、不貞行為があった、性的に無能力、暴力を受けた…などです。しかし、家族の反対、婚約前の男女関係、正確の不一致などはこれに該当しません。
 
婚約を破棄されたことに対して慰謝料を請求するとなったら、まずは相手方に文書でその旨を知らせます(内容証明郵便を使うこともあります)。示談が成立した場合は示談書(分割支払いの場合には、その後支払いが滞った場合に備えて公正証書)を作成しておくと良いでしょう。ここで相手が拒否し、示談が成立しない場合は調停又は裁判になります。
 
注意点として、相手が結婚していた場合(不倫)こちら側の婚約は無効になりますので慰謝料請求が認められません。しかし相手に「離婚するから…」などと言われていた場合は慰謝料請求可能となる場合があります。
 

婚約関係の証明方法

婚約破棄で慰謝料請求する場合、相手方から予想される反論として、「自分は内縁婚約関係にあったと思っていない」といわれることがあります。そのためにその場合には、婚約を証明する必要があります。
 
婚約を証明するには、婚約指輪の授受や結納、式場予約などの事情があれば婚約が成立していたと認められやすいです。また、前項目で説明したように、口約束でも婚約は成立します。
 
しかし、婚約破棄で慰謝料請求された側が「そんなこといった覚えがない」と認めないケースが多いため、当事者だけで証明することは困難です。ただし、結婚について会話をした時の録音・メール、日記等の内容によっては、婚約成立の証拠となります。
 
婚約破棄に関する慰謝料を請求する場合には、相手に婚約を否定された場合にも適正な証拠があるかどうかについて弁護士に相談することをお勧めします。また、婚約破棄に関する慰謝料を適正に請求するためには、婚約によりどのような損害(精神的苦痛や仕事を離職したことなど)を受けたのかを考えることが必要です。
 
婚約破棄に関する慰謝料を請求された場合には、婚約が成立していたかどうか、成立していたとしても慰謝料が妥当かどうかについて検討する必要があります。
 
慰謝料を請求することができる事実がありそれを請求できる人が知ってから3年を経過すると請求することができなくなります。慰謝料請求をする期間が長期間経過している場合には交渉している間に3年経過しないように注意するか訴訟提起するなどして時効にかからないように注意する必要があります。なお、3年経過した場合でも相手が慰謝料支払うことを認める場合などは請求が認められるケースがあります。
 
適正に婚約破棄に関する解決をするために弁護士にご相談することをお勧めします。
 

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

離婚が認められるか 親権 養育費 面会交流
財産分与 慰謝料 年金分割 婚姻費用
     

離婚の種類

 

慰謝料請求

 

 
 
     

お金に関して

 

子どもに関して

 財産分与について
 養育費について
 婚姻費用について
 離婚と年金の問題

 
 

 親権者について  
 面会交流について




 
     

離婚後の生活

 

年代に特有の離婚

 離婚後の医療保険

 公的扶助

 戸籍と氏

 

 中高年の離婚

 死後の離婚


 
     

こんな夫に思い当たったら・・・!

 

 

 エネ夫とは

 マザコン夫とは

 

 


他の慰謝料の種類についてはこちら

               

慰謝料とは

夫(旦那)が浮気しているかも

妻(嫁)が浮気しているかも

不貞の慰謝料請求

不倫相手への慰謝料請求

内縁破棄 の慰謝料請求

婚約 破棄の慰謝料請求




その他の関連するページ

当事務所の特徴

 

弁護士紹介

ご相談の流れ

 

スタッフ紹介

弁護士費用

 

お客様の声


当事務所の対応エリア

マップ.PNG

当事務所は日立市弁天町に所在しております。

→JR日立駅からは平和通りを直進し、徒歩8分ほどで左手に建物が見えてきます。(クリックすると拡大します。)

 
mp.jpg

当事務所は茨城県県北地域を中心に広く(高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)からご依頼を受けております。

→高い専門性・厚い信頼をいただき、初めてのお客様もご紹介のお客様も、広く全県からお声をかけていただいております。


法律相談予約受付中 法律相談のお問合せはこちらまで TEL:0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

法律相談予約受付中 受付 :平日/第2・4日曜 9:00~18:00 TEL:0294-33-6622

当事務所で相談を受けるには

分野別バナー 交通事故.jpg

分野別バナー 離婚.jpg

相続バナー.png

推薦者の声

第2・4日曜日の休日相談窓口

公式運営サイト

事務所概要

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16

日立平和通り沿い

相談時間バナー.jpg

メールでの問合せはこちら

対応エリア

茨城県県北・県央(主に日立市・高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)を業務範囲としています。

facebool kataoka-low.PNG

houTerasu2.jpg

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

〒317-0072
茨城県日立市弁天町 1丁目3-16
TEL:0294-33-6622
FAX:0294-33-6685
受付:平日 9:00~20:00(土日祝休み)

※休日相談・夜間相談対応可

Copyright (C) 片岡法律事務所法律事務所 All Rights Reserved.